新幹線停車駅がある福島市内のおすすめ温泉地情報

福島駅は東京や青森から意外とすぐ着く

福島市の福島駅はJR東北・北海道新幹線の停車駅で、立地的には東京都と本州最北端の青森県の中間に位置しています。東京や青森から距離的には遠いものの東京駅から約1時間半・新青森駅からでも2時間強と、そんなに時間はかかりません。そして、市内にはいくつかの魅力的な温泉地がありますので、この地域を訪れてみたい人向けにおすすめの温泉地をご紹介します。

奥州三名湯の一つである飯坂温泉

福島駅の北部の飯坂温泉は、鳴子温泉・秋保温泉と共に奥州三名湯の一つに数えられているほか、江戸時代には有名な俳人も訪れたと言われる由緒ある温泉地です。こちらはアクセス環境が抜群で、福島駅から続く福島交通飯坂線のというローカル線に乗って終点の飯坂温泉駅で降りるとその周囲には温泉街が広がっています。温泉街の規模が大きくて旅館の数も多いため競争が激しく、そんな中で各旅館の料理の完成度が上がっており、今では美味しい料理が食べられると評判です。そのため、福島駅周辺の温泉地の中で何処に行ったらいいのかわからない場合は、この温泉街の中で一番評判が良い旅館に泊まれば確実に素晴らしい体験ができると思います。

こけしで有名な土湯温泉

福島駅から国道を通ってスムーズにアクセスできる土湯温泉町の土湯温泉も人気です。こちらには川沿いに多数の老舗温泉旅館が建ち並んでいます。この地域は日本有数のこけし製造地で、土湯こけしは全国的な知名度を誇ります。あるお店では、木に自分で絵付けをしてオリジナルのこけしを作らせてもらえますので、興味のあるかたは絵付け体験してみてはどうでしょうか。

バイザポートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です