行ってみよう!あなたのまだ知らない東京都

東京都の南方、伊豆諸島

東京都でありながら、大都市とは全くの別世界を要するのが伊豆諸島です。伊豆諸島の中心あたりに位置する八丈島へは、船で約11時間でたどり着きます。近いようで遠いですが、そこもまた旅の魅力でしょう。現在人が定住しているのは、大島・利島・新島・式根島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島・青ヶ島の9島です。

謎に包まれた隠れた島?

伊豆諸島の中でも特に注目したいのが、八丈島から船で約2時間半、ヘリコプターの場合は約20分のところにある青ヶ島です。昔話に出てきそうな名前の島ですが、絶景が見られる不思議な島なのです。歴史的にまだ分かっていない部分が多く、いつから人が住みだしたのか謎です。火山により作り出された、二重カルデラは世界的にも珍しい光景です。噴火によって溶岩が海にせり出され、複雑な地形をしておりまるで違う星にいるような気分にさせてくれます。夜には空一面に星が広がり、まるで宇宙にいるようです。

火山を利用した独特の調理法

青ヶ島で今だ活火山で、島の言葉で「ひんぎゃ」と呼ばれる噴気孔がたくさん存在しています。その地熱を利用した地熱釜を作り、食材えお蒸して調理に活用しています。ゆっくりと蒸された食材は、美味しさが引き立たせられます。他にも青ヶ島では青酎という焼酎や塩などが作られています。焼酎はサツマイモから作られていて、30度と言う度数でありながら甘味があり、ほとんど本土には流通することがなく貴重なものになっています。ぜひ島を訪れた際には、堪能してみてください。

バイザポートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です